計画編

どんなお客様に何を届けるか決めよう

こんにちは。
「開業で失敗しないためのネット活用 実践講座・響(ひびき)」講師のリョウです。

前の講義(プロに任せて本当に安心?ホームページ発注に潜む4つの罠)では、導入編の最後として、開業のためのホームページを発注するにあたって陥りがちな4つの罠についてご紹介しました。

本講義から、計画編が始まります。
計画編のゴールは、「あなたの開業におけるネット活用の方法が決まること」にあります。

このゴールを達成するために、毎回の講義で「お題」を出していきます。
あなたがお題をすべて終えた暁には、具体的なネット活用方法が決まり、あとはその計画に沿って実践していくだけで良い状態になります。

そのため、計画編では、

受講する(記事を読む)→お題を解く(自分の事業に当てはめて考える)→ ・・・

を繰り返しながら受講を進めていってくださいね^^

それでは、本題に入りましょう。

今回のお題

  • あなたの開業テーマのお客様像(ペルソナ)を決めましょう。
  • そのお客様が抱えている欲求や課題を決めましょう。
  • その欲求や課題を満たす開業テーマの魅力をどのような言葉で伝えるか決めましょう。

計画編の第一歩は、お客様を決めること

これからネット集客・ネット営業の計画を立てていくわけですが、その前にやらなければならないことがあります。
それは、自分の事業のお客様を具体的に決めることです。

これを決めないと何が起きるでしょうか。
あなたは、あらゆるお客様にあらゆるサービスを提供する必要が出てきてしまいます。

お客様を決めると、例えば40代女性に喜んでいただけるようなサービスを提供すれば良いですが、
お客様を決めないと、例えば10代から90代まで男性女性問わず喜んでいただけるようなサービス提供をする必要が出てきます。

そうすると、広告宣伝費やサービスの質を高めるための投資(時間とお金)が分散してしまい、結果、誰からも喜んでいただけないサービスとなってしまいがちです。

はじめてネット活用される方は、この部分でつまづかれる方が多いです。

頑張ってネット活用するも、みんなに好かれるようなホームページを作り、結果、誰からも好かれないホームページを作ってしまいます。

その結果、問い合わせもなく「ホームページからは集客できないんだ」と諦めてしまい、
他の集客もうまくいかない場合、結果、販売不振に陥ってしまいます。

このようなことを避けるためにも、お客様像を決めることは重要なのです。

お客様像を考える:カフェの例

それでは、ここからは実際にお客様像を考えていきましょう。
この講義ではカフェを例に考えていきますが、あなたは自分の開業テーマを思い描いて考えていってくださいね^^

WR CAFE(サンプルホームページ)

サンプルホームページのWR CAFEは、東京のオフィス街にある設定となっています。
そのため、主要なお客様はビジネスパーソンとなります。

付近にオフィスのある方、訪れる方など様々ですが、
その中でも、チェーンのカフェとは異なる価値を求める方をターゲットとしています。

では試しに具体的にどんな方なのか、もう少し詳細に設定を決めてみましょう。
WR CAFEでは以下のように設定しています。

■「WR CAFE」のペルソナ
30代前半の男性。
営業で東京を訪れる機会が頻繁にある。
1件目と2件目の時間が空くことがあり、その際はカフェでPCを使って資料を確認する。
気を休めたり、静かに作業する場所が欲しい。
チェーン店は飽きているので少しこだわった飲み物・食べ物をとりたい。
自由に使えるお金は多めで、カフェで使用する金額は平均700円。

このような設定を、一般に「ペルソナ」と呼びます。
ペルソナとは、お客様の姿をよりリアルに設定するための、想像のお客様です。

カフェのデモサイトであれば、こういったお客様が実際に来店される想像がつきますよね。
ペルソナを設定する際には、自分だったら、友達だったら、などよりリアルに・細かく設定する方が良いでしょう。
例に加えるのであれば、家族構成や勤めている企業なども良いかもしれません。

・ただ、電源が必要そうだからホームページに載せておいたほうがいい
・ただ、豆にこだわっているからホームページに載せておいたほうがいい
という理由で掲載する情報を決めるよりも、
・営業で合間時間にPCで資料の確認をしたいだろうから、ホームページに載せておいたほうがいい
・普段からチェーン店の利用が多いので、少し異なったコーヒーを飲みたいだろうか、ホームページに載せておいたほうがいい
とい理由とセットで想像出来る方が、より必要な情報を求められる形でお届けできますよね。

ペルソナの姿が明確でリアルであるほど、あなたの事業の魅力は強く伝わるのです。

ではこうしたお客様が利用されると仮定した時、どんな情報が必要そうでしょうか。
あなたが仕事の合間に休む場所を探す際を思い浮かべてみてください。

WR CAFE ではまず第一にこだわりのポイントを満たせそうな雰囲気、
つまり落ち着いていて特別感のある雰囲気を出せるよう、トップページを設計しています。

次に確認するのは実際の環境です。
メニューや内装で、自分の予算で来店できる店か、落ちけるかどうか判断したいですよね。
そして、気に入ったと思ったら、よりリアルに利用する想像をしながら、電源やwifiの有無を確認するでしょう。
そうしたカフェを探すのは移動時間かもしれません。

ここまで想像すれば、情報の届け方もかなり定まってきますね。
・落ち着いた雰囲気を出すために、色合いと画像はシックな茶と緑でまとめる。
・移動時間でも内装がひと目で分かるよう、用途に合わせてエリアで紹介する。
・移動時間でもメニューがひと目で分かるよう、シンプルにまとめる。
・全体として文字を減らし、画像などひと目でわかる伝え方を心がける。

このように、「どんなお客様」さえ決めれば、自然と「何を」「どのように」までもを決めることが出来るのです。

おわりに

それでは、今回のお題のおさらいです。
あなたの開業テーマに合わせて、以下の内容を考えてみてくださいね。

  • あなたの開業テーマのお客様像(ペルソナ)を決めましょう。
  • そのお客様が抱えている欲求や課題を決めましょう。
  • その欲求や課題を満たす開業テーマの魅力をどのような言葉で伝えるか決めましょう。

次回は、今回決めたペルソナのようなお客様をどのようにすれば集めることができるのか、3つの方法をご紹介します。
それでは、次の講義でお会いしましょう。リョウでした。

このページは「開業で失敗しないためのネット活用 実践講座・響(ひびき)」の「計画編」の一部です。はじめてこのサイトへお越しの方は「開業で失敗しないために:開業講座「響(ひびき)」とは」をお読みください。

<計画編の講義一覧>

  1. どんなお客様に何を届けるか決めよう ★本講義
  2. ネット集客の計画を立てよう
    1. 検索エンジンからお客様を集める方法を考えよう
    2. SNSからお客様を集める方法を考えよう
    3. 有料広告からお客様を集める方法を考えよう
  3. ネット営業の計画を立てよう
    1. トップページを考えよう
    2. コンセプトページを考えよう
    3. メニューページを考えよう
    4. サービスの流れページを考えよう
    5. お問い合わせページを考えよう

開業講座「響(ひびき)」の講義まとめ

ネット集客の計画を立てよう

ピックアップ記事

  1. 開業講座「響(ひびき)」の講義まとめ
  2. 開業で失敗しないために:開業講座「響(ひびき)」とは

関連記事

  1. 計画編

    コンセプトページを考えよう

    こんにちは。「開業で失敗しないためのネット活用 実践講座・響(ひび…

  2. 計画編

    お問い合わせページを考えよう

    こんにちは。「開業で失敗しないためのネット活用 実践講座・響(ひび…

  3. 計画編

    有料広告からお客様を集める方法を考えよう

    こんにちは。「開業で失敗しないためのネット活用 実践講座・響(ひび…

  4. 計画編

    メニューページを考えよう

    こんにちは。「開業で失敗しないためのネット活用 実践講座・響(ひび…

  5. 計画編

    ネット集客の計画を立てよう

    こんにちは。「開業で失敗しないためのネット活用 実践講座・響(ひび…

  6. 計画編

    トップページを考えよう

    こんにちは。「開業で失敗しないためのネット活用 実践講座・響(ひび…

おすすめ記事

  1. 開業支援サービスまとめ

    初心者から上級者まで。ネットショップの開業で失敗しないために見ておきたい開業支援…
  2. 計画編

    SNSからお客様を集める方法を考えよう
  3. 導入編

    ネット集客・ネット営業のいろは
  4. 開業支援サービスまとめ

    集客で失敗しないために見ておきたい集客特化の開業支援サービス
  5. 開業支援サービスまとめ

    美容室開業の手順を知るために見ておきたい開業支援サービスまとめ
PAGE TOP