計画編

有料広告からお客様を集める方法を考えよう

こんにちは。
「開業で失敗しないためのネット活用 実践講座・響(ひびき)」講師のリョウです。

前の講義(SNSからお客様を集める方法を考えよう)では、SNSからの集客では、広告により過ぎないノウハウ発信型の投稿でいいね!やシェアを増やすことでお客様との接点を増やすことが重要であることをお伝えしました。

本講義では、有料広告からお客様を集める方法として、特に利用される頻度の高いものを2つのカテゴリ、3つのタイプに分けて紹介します。
有料広告の具体的なコツは、これだけで一冊の本が掛けてしまう内容ですので、ここでは有料広告の種類のご紹介にとどめます。(そのため、本講義ではお題はありません。)

定額型(買い切り型)

定額型(買い切り型)は、有料広告メディアやホームページといった媒体に用意されている広告枠へ出稿する方法です。インターネットが生まれた初期からある有料広告ですね。

1ヶ月や半年などの期間を決め、期間あたりの出稿料を払って掲載します。

この方式の広告が広告主にとって優れている点は、いくら広告が見られてもいくら広告がクリックされても、料金が変わらないことにあります。

あなたは一定額の期間あたりの出稿料さえ払えばいいので、その期間の広告経由での売上が出稿料を上回る想定であれば、特に張り付いて調整をおこなう必要はありません。(反対に、これからご紹介する従量課金型は、常に改善を回し続けるなどの調整が必要となるケースが多いです。)
この方法では、あなたの事業と出稿先の媒体との相性や枠の価格などを見極める必要があるので、しっかりと情報収集、比較を行ってから取り組むことをおすすめします。

従量課金型

従量課金型は、GoogleやYahooなどの広告プラットフォームと呼ばれる代理店から、その代理店に登録されている様々なホームページやネット上のサービスの広告枠へ出稿をする方法です。
従量課金型の広告が優れている点は、閲覧やクリック、購入などが発生しなければ、利用料もかからないことにです。

従量課金型の広告では、広告の出稿先やお客様を絞ることが出来ることが多いですが、その選び方が良くないとお客様が集まらないといったことが起こりえます。(ただし、その際には費用も発生しません。)

広告の出稿先とお客様選びが重要なのです。

この従量課金型の広告には、3つのタイプがあります。
・インプレッション課金
・クリック課金
・成果課金

それでは順にみていきましょう。

従量課金型:インプレッション課金

インプレッション課金型は、お客様が広告を見た回数を一単位として費用が発生するタイプです。

このタイプのメリットは、単価が安いことです。
そのため、ネット集客力の高い広告と、ネット営業力の自社ホームページを用意できれば、安くたくさんの来店や購入を生むことができます。

デメリットは、リスクが高い点です。
広告と自社ホームページのネット集客・営業力が低い場合、1件も購入が生まれないというケースもありうる点です。
つまり、広告費に100万円かけたとしても1件も購入が生まれないといことも起きうるのです。

そのため、はじめてネット活用される方は、インプレッション型はおすすめしません。
はじめての方には、この下のクリック型か、成果課金型をおすすめします。

従量課金型:クリック課金

クリック課金型は、お客様の広告クリックを一単位として費用が発生するタイプです。

このタイプのメリットは、クリックが保証されていることから、自社ホームページへのアクセスが担保されている点です。

デメリットは、リスクがある点です。
インプレッション型と同様に、仮にホームページにアクセスが来たとしても自社ホームページのネット営業力が弱ければ、1件も購入が生まれません。
こちらの方法も、自社ホームページのネット営業力がつくまではおすすめできません。

従量課金型:成果課金

成果課金型は、お客様が行動(購入や登録)した回数を一単位として費用が発生するタイプです。

このタイプのメリットは、リスクが少ない点です。
購入されなければ広告費が発生しません。はじめての方でも失敗しにくい方法です。

一方でデメリットは、広告費の単価が高い点です。
私たち広告主のリスクが低いということは、そのリスクは広告掲載先のYahooやGoogleなどの代理店が背負っています。そのリスク分、インプレッション型やクリック型と比べると、1購入あたりの費用は高くなりがちです。

おわりに

このように、一口に有料広告と言っても様々な方法があります。
大切なことは、あなたの事業にはどの方法が親和性が高いのか比較し、それぞれの方法のメリットデメリットを踏まえながらどのような方法でお客様を集めるかのシナリオを描くことです。

ぜひ有料広告をうまく活用して、あなたのネット集客を更に加速させましょう。

ネット集客の計画はこれで終わりです。
次の講義からは、ネット営業の計画です。

実際にホームページのなかの文章を考えていきます。楽しみにしていてくださいね^^

それでは、次の講義でお会いしましょう。リョウでした。

このページは「開業で失敗しないためのネット活用 実践講座・響(ひびき)」の「計画編」の一部です。はじめてこのサイトへお越しの方は「開業で失敗しないために:開業講座「響(ひびき)」とは」をお読みください。

<計画編の講義一覧>

  1. どんなお客様に何を届けるか決めよう
  2. ネット集客の計画を立てよう
    1. 検索エンジンからお客様を集める方法を考えよう
    2. SNSからお客様を集める方法を考えよう
    3. 有料広告からお客様を集める方法を考えよう ★本講義
  3. ネット営業の計画を立てよう
    1. トップページを考えよう
    2. コンセプトページを考えよう
    3. メニューページを考えよう
    4. サービスの流れページを考えよう
    5. お問い合わせページを考えよう

SNSからお客様を集める方法を考えよう

ネット営業の計画を立てよう

ピックアップ記事

  1. 開業で失敗しないために:開業講座「響(ひびき)」とは
  2. 開業講座「響(ひびき)」の講義まとめ

関連記事

  1. 計画編

    メニューページを考えよう

    こんにちは。「開業で失敗しないためのネット活用 実践講座・響(ひび…

  2. 計画編

    コンセプトページを考えよう

    こんにちは。「開業で失敗しないためのネット活用 実践講座・響(ひび…

  3. 計画編

    トップページを考えよう

    こんにちは。「開業で失敗しないためのネット活用 実践講座・響(ひび…

  4. 計画編

    サービスの流れページを考えよう

    こんにちは。「開業で失敗しないためのネット活用 実践講座・響(ひび…

  5. 計画編

    お問い合わせページを考えよう

    こんにちは。「開業で失敗しないためのネット活用 実践講座・響(ひび…

  6. 実践編

    開業講座「響(ひびき)」の講義まとめ

    <はじめに> 開業で失敗しないために:開業講座「響(ひびき)…

おすすめ記事

  1. 計画編

    サービスの流れページを考えよう
  2. 導入編

    開業して3年後には62%が廃業してしまう現実とその原因
  3. 導入編

    ネット集客・ネット営業のいろは
  4. 計画編

    トップページを考えよう
  5. 計画編

    ネット集客の計画を立てよう
PAGE TOP